• 2020/04/05
  • Written by 史織
  • 史織のエンタメ研究所☆【第二弾】

こんにちは!

土曜11時Girlsクラス、土曜13時アイドルクラス
J-POPクラス、アニソンクラス担当講師の史織です☆

最近、最低限の外出以外は自宅に引きこもり生活を
徹底している史織ですm(._.)m

日々のニュースに恐々とするこんな状況でも
家の中ではできるだけ楽しく過ごしたいので

本格的な自粛ムードになってから、
家で一日一食は何も気にせずに好きなものを食べてOK
(こんな時までいつも通りの食生活を徹底するなんて
ストレスすぎて無理だし〜😂)
という規格外なご褒美を自分に捧げていたのですが、、

深夜にコンビニケーキ、3日連続カップラーメン
普段は滅多に食べないマクドナルドを食べてみたりとか…
好き放題しまくった結果…
挙句の果てに、これを書いてる今日、
大好物のキムチ春巻きを食べすぎて今年一番お腹を壊して
逆に何も食べられなくなるという空回り失態をしてしまったので
やっぱり普通に今まで通り健康的な食生活を保つことにしました😥

危険なので、みなさんも絶対に
真似はしないでください(´;ω;`)(←あんただけだ)

やっぱりこんな時こそ、いつも通りが一番、、

くだらない前置きはさておき…

史織が12月~2月のここ最近の間に
観に行ったりした舞台・コンサート・アート等の
エンタメを紹介する超勝手な自主企画ブログ 
史織のエンタメ研究所〜第二弾〜ということで
引き続き見に行ったものを紹介していきたいと思います~!
ブログの半分が関係のない話…とか突っ込んじゃ嫌よ‼️

さてはて!いきましょ~!

①ミュージカル「ロカビリー☆ジャック」

これ観た方いないですか?いたら語り合いたい!

舞台とか観に行った時にもらうパンフレットや宣伝チラシに
このミュージカルのチラシがそっと挟まっていて気になって、
どんな感じのミュージカルなのかなと
なんとなくチケットをとってみたのですが、、

“宣伝の雰囲気からは想像つかないくらい期待を上回る面白さ”
とミュージカルファンの間でも
前期話題沸騰だった作品です!
ほんと、もっと大きくタイアップしてもいいのでは?
ってくらい予想以上に楽しく満足度が凄かったです。

各分野で活躍している豪華すぎる実力派キャスト陣+
ミュージカル界で演出家としても大活躍中の
岸谷五朗さん演出+
劇中の作曲やプロデュースが
森雪之丞さんとさかいゆうさんと斉藤和義さん

というもはや今思えば面白くないわけがない
メンバー揃いなのですが…

簡単にストーリーを説明いたしますと♪

ロカビリー音楽に憧れている、
さえないロック歌手の主人公のジャック
(ジャニーズの屋良朝幸さん)
が、突如現れた悪魔(吉野圭吾さん)と
“歌手としての成功を約束をする代わりに
愛を知ってしまったときに命を奪う“
という契約をしてスター街道を駆け上がるが
女性シンガーのルーシー(昆夏美さん)
と恋に落ちてしまい…そしてそのルーシーは実は…

という王道的な超ハートフルストーリーです!
と思いきや!
岸谷五朗さんの超味のあるテンポのいい演出で
終始笑わせられっぱなしで、基本的に超コメディ!!
ものすごくわかりやすいというか…
お芝居なのに気楽にバラエティ見てるみたいな…笑
誰もが知っている俳優の岸谷五朗さんですが
元々ご本人が役者として活躍されてたからこそ
独特な間のとり方とかができるのか、
癖になる演出なんです!

キャストの歌やダンスや演技、
すべてがハイスキルなのにめちゃめちゃ笑えるという
これぞエンターテインメント!!と
改めて感じさせられるミュージカルでした!

わたしが特に注目したキャストさんは、
平野綾さん♪

元々アニメ 涼宮ハルヒの憂鬱のハルヒ役や
らき☆すたのこなた役などで大人気の声優さんで、
当時わたしはアニメも平野綾さんも大好きで
アイドル声優時代にコンサートにも
行ったことがあるくらい…
ミュージカルに転向してからは
なんとなく追うのをやめてしまってたのですが
今回すっかり実力派ミュージカル女優な姿の
平野さんに感動~😣✨してしまいました!

昔の可愛らしいキャラクターや、
歌い方からは想像がつかないくらい
超かっこよくて、歌唱力がすごくて、超美人で…
劇中ではキャラ的には悪いオンナの役だったのですが、
役がすごくあっていて超ハマり役で!笑
昔とは別の角度で平野さんのファンに
なってしまいました♡笑

ミュージカルって独特のノリがあるので
苦手な方もいると思うのですが
岸谷五朗さん演出のミュージカルは
すごくわかりやすくてキャッチーで
すーっと入りやすいので
ミュージカル興味ない方にも本当オススメです🌟

さてさて、次は~!

②ゴッホ展 上野の森美術館

え、史織先生ってそんなふにゃふにゃした
キャラで美術鑑賞とかするの?!
って思った方もいるかもしれませんが、
わたし物心ついた子どもの頃から日常的に
絵を描いていまして衣装の説明とかするときに
ささっと絵描くと生徒さんたちから
「絵ぇうまっ!?(衣装の内容どころではない)」
てびっくりされるくらいもしかしたらダンスより
絵のほうが全然得意なのではないか疑惑が
出てるくらい絵というものが大好きです!
(ダンス始めてから描く時間すごく減りましたが…)

なので時々美術館に足を運ぶのですが、
今回のゴッホ展は絵に興味のない人も
見に行ったのではないかというくらい
超大人気の展覧会でしたね!

なんせあのゴッホですからね!!(解説が雑)

期間終了間近に行ったのでものすごい混み具合でしたが、
今回ポスターなどのメインビジュアルにもなっている
「糸杉」という作品を超間近で見れました!
(めちゃめちゃぎゅうぎゅうの館内で、
人ごみの流れに身を任せていたら最後に
糸杉の前に放り出されました。笑)

ゴッホの絵ってなんというか、めちゃくちゃ粗削りなのに
一本一本の線が力強くて、深くて、
人を絵の世界に引きずり込む魔力みたいなのがあります🤔
代表作の向日葵も有名ですが、
植物を魅力的に描くのが本当に上手くて、
自然にも命が宿るといった、
日本の繊細な精神を大事にされている画家さんでもあります!

普段からいろんな場所で絵は目にしますが、
やっぱり歴史に名前が残るレベルの画家の生の絵は
ものすごい迫力で、一枚の絵からの情報量がすごく、
一日中眺めてられます。。

それに、画家の歴史や変遷を追うと、
どの画家も最初はあこがれの画家がいて、
模写や真似から入って、
どんどん取り入れていって、
そこから自分のオリジナルになって
そこからまた更に影響される人が増えて…
って、なんかダンスと似てません?!
ていうか芸術って全部ポイントが一緒なんだな~!
と思いました。

よく考えたら、自分も絵を描くときと、
ダンスで振付を作る時の感覚や
デッサンや模写をするとき、レッスンや仕事などで
人の振付を覚える感覚 がほぼ一緒かも…

なのでわたしの中では絵とダンスは
めっちゃ関係性があります🖼💃(超自論。笑)

そんなこんなでまたもや長いブログになりましたが
読んでくださった方ありがとうございました!
こんな時だからこそPC開いて
ゆっくり思い出しながら長文書けるな〜なんて
前向きにとらえて、楽しく更新してゆきたいと思います☆

また、近々第三弾書きたいと思いますので
是非お付き合いください♪
あでゅー!!