• 2020/06/26
  • Written by 史織
  • 史織のエンタメ研究所☆【第四弾】

こんにちは!

土曜13時アイドル、15時Girls
日曜14時J-pop、16時アニソン
の計4クラスを担当させていただいている
講師の史織です☺︎♪

史織がコロナ自粛前に観に行っていた
舞台やコンサート、展示などを紹介していく
エンタメ研究所ブログ企画シリーズ4回目〜!
超久々に書きます(^◇^)

それはそうと今回のアイキャッチは
自身の写真のネタが尽きてきたので
最近甥っ子の為に描いたイラストにしました。



簡易ですが久々に真面目に絵を描いた!


1歳半の甥っ子、コロナの影響で3ヶ月近く
うちで預かっているんですが、
めちゃくちゃ可愛いんですよ〜。



カメラを向けるとすかさずカメラ目線だし
生まれながらにアイドル力が高くて、
いつもまわりに愛嬌を振りまきまくって
沢山の大人を都合良く振り回して

一言でいって恐ろしい子…!



って感じです。(※それが普通の赤ちゃんです)

アンパンマンのキャラクターの
どんぶりトリオが大好きで
今回描いてあげたら自宅の壁に貼って
毎日絵を見ながら喜んで
どんぶりトリオの歌うたってるらしいです。

わたくしTHE末っ子で甘えん坊で
親や兄弟から与えられてばかりの存在だったので
自分よりはるか下の年齢の生き物に
与える喜びに目覚めちゃっています。笑

しかし、アンパンマンや食パンマンなどの
メインキャラを差し置いて
どんぶりトリオが好きって…笑
我が甥っ子ながら、なかなかコアなセンスしてる。


親バカならぬ、叔母バカ話はさておき、
今回もずんずんいきましょー!


①ドラえもん×村上隆展


日本の現代美術家、村上隆さんによる
ドラえもん作品コラボ展示に行きましたー!
日本アニメポップ的な画風が特徴的で
(人気のお花の絵とか一度は見たことあるはず)
海外で大活躍されている世界規模の方で
世界で最も活躍されている100人に入っている
くらいのすごいアーティストさんなんですよ〜
昔「五百羅漢図展」という東日本大震災の影響で
作られた大作の個展を見に行ったことがあるのですが、
迫力がすごすぎてドン引きした記憶があります。
そこで例のフラワーちゃんを見て一目惚れするなど。



そして今回の村上隆さん×ドラえもんの
スーパーフラット展すごくよかったです♪

スーパーフラットというのは、
村上隆さんが実際に築かれた概念で
俵屋宗達さん、尾形光琳さん、伊藤若冲さん
といった歴史的な画家(江戸時代とかの人です)
さらには浮世絵などの伝統を踏まえつつ、
現代の漫画やアニメも合わせて
平面の芸術の表現を一言で
表したものを指しているそうです。
フラットという言葉にはもう一つ
意味が込めてあるそうで、
いわゆる芸術(ファインアート)も
広告のような商業美術も
価値に高低や貴賤はなく平等である、
たとえば、漫画やアニメだって立派な芸術、
という信念のことだそうです。

ガチな美術や絵画と、アニメや漫画って
すごく対極なイメージがあるのですけど
そこには差がなく全部一緒って
素敵な考え方ですよね!

わたしのダンスの経験で例えるなら、
今でこそブームだし
メインカルチャーになりつつありますが
アイドルダンスやアニメのダンスに
学生時代にハマってコピーとかしてた時期に
本格的なストリートダンスや
原人的なダンスをやってるダンサーの先輩から
アニメの曲で踊るなんてダサいとか、
アイドルダンスとかカッコ悪いとか
よく馬鹿にされたことがあって、、(。-_-。)
(わたしはストリートダンスも大好きだし
アイドルやアニメのダンスも好きで
堂々と楽しく踊っていましたが(。・ω・。))
ジャンルや性質が違うだけで、
どのダンスも素晴らしくて尊いし、
なんなら融合したっていいのでは?と思っていたし
そこに優劣とか差はないはずなんですよね!
ぜーんぶダンスという一つの芸術です。
何が言いたいかというとアニメやアイドルの
ダンスのジャンルを積極的にやらせてくれる
カーネリアンは最高ということです(まとめ)

村上隆さんの作品は
見ていてパッと気持ちが明るくなるし
ドラえもんはやっぱり可愛い☺︎♡






前々からレッスン中によく
ドラえもん×村上隆さんTシャツを着ているので
見つけたらチェックしてみてね!!笑


では次。


②日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW



第一弾でも日向坂のコンサートの紹介したので
ちょっと内容かぶってしまうのですが、
またもや日向坂のライブに行ってきました!!

しかし今度は、日向坂46が主演のドラマ
「DASADA」の内容に特化した
ファッションショーコンサートです♡
ドラマも見てて好きだったし、
ファッションショー型の
コンサートって何?!って好奇心の塊なわたしは
やはり気になりすぎてしまって…
行かざるを得ませんでした♡

ちなみに、DASADAというドラマに
ついて軽くご紹介。



顔はカワイイのにセンスがダサい
主人公の佐田ゆりあ
(役は日向坂センターの小坂奈緒ちゃん)が
実家の洋裁店の借金を返す為に、
同級生のデザイナー志望のハイセンスな
篠原沙織(役は渡邉美穂ちゃん)とタッグを組んで
DASADAというファッションブランドを立ち上げ
一攫千金を狙い借金返済を目指すという
超青春ハートフルストーリーです!
途中色々な仲間やライバルが出てきたり
困難なこともあるんですが切磋琢磨していき
学園を舞台に一つの目標に向かっていく
ストーリーがすごくアツくて面白いんですよ~!
これまでアイドルグループ系のドラマを
あまり見たことが無くて正直アイドル系の
ドラマってつまらなそうだなぁというイメージ
しかなかったのですが、DASADAは脚本とか
メンバーの演技がすごくよくて面白いなぁ
と思って毎週を楽しみに見ていました。



たしかFuluで一気見できるのでおすすめです!
キャラクター一人ひとりがとても魅力的です♡

コンサートの話に戻すと、今回のコンサートは
日向坂46のメンバーが流行りの色々なブランド
から拝借したコーディネートを身にまとって
まさにパリコレみたいな感じでランウェイを堂々と
歩いていく演出からスタートするんですよ♥
メンバーのキャラが引き立つようなファッション
だったり、はたまたあえてギャップを魅せてたり
もー全部のお洋服がめちゃくちゃ可愛かったですし
一人ひとりが超輝いていました!!
アイドルってキラキラオーラが本当すごい…

そして今回のコンサート、私の行った日が
まさかのセンターのこさかなちゃんが
映画の撮影で急遽出演できなくなり
前代未聞なセンター不在ライブではじまるっていう…
ドラマの主人公役でもあるこさかなちゃんを
楽しみにしていたので残念ではありましたが
しかーし!センター不在というのがまた
すごくよかったです!!!

いつもと違うメンバーがセンターで
メインで活躍してたり編成が変わったりして、
メンバーの立ち位置が変わると
楽曲や作品自体こんなにも雰囲気が
変わるんだなぁって、新鮮でした。
何よりこんな特別編成のパフォーマンスは
かえってレアで、ラッキーだったのでは☺︎♡

わたしは特に、日向坂のシングルでは一番大好きな
「こんなに好きになっちゃっていいの」
という曲のセンターを斎藤京子ちゃんが
務めていたのが、雰囲気めちゃくちゃ合っていて
最高すぎると思いました。。(オタクの感想)

他にも、今回のライブはセットリストの内容が
古いファン向けで日向坂46がまだ欅坂の妹分
だった、ひらがなけやきだった時代の曲とかを
沢山歌ってくれて、ファンの盛り上がり具合も
異常でとにかくファンサービスの強い
ハッピーなコンサートでした╰(*´︶`*)╯♡

クリスマスの時のライブも楽しかったのですが
今回も全然違った狙いのライブでこういうの
本当に勉強になります(*´◒`*)

芸能マーケティング商法やプロデュースとかに
すごく興味があって日々勉強しているので、
イベントの企画とか狙いについて思いを
巡らせるの大好きなんですよね笑

わたしもいつか、カーネリアンの発表会とかで
ファッションショーがテーマの
ダンスショーケースとか作ってみたいなぁ。



そんなこんなで今回も2つ
紹介させていただきました!
毎度のことながら稚拙な文章を最後まで
読んでいただきありがとうございますヽ(´o`;

オンラインレッスン時期とかに、
思いがけないところから、
わたしもその舞台みました~!とか、
行けなかったんだけどそれ行く予定だったんです!
とかブログを見て反応してくださる生徒さんがいて、、
共通の趣味で語れてうれしかったです☺︎

緊急事態宣言は一旦解除されましたが、
まだまだエンタメ業界は今まで通り
とはいかないですね、、
わたしも見に行くことを予定していたライブが
最近立て続けにいくつも中止になり、、
悲しいけどしばらくは我慢です(T-T)(>_<)

けどこういう時だからこそ生まれる
新しい形のイベントや企画にすごく
期待している気持ちの方が強いです♡

このご時世なりに、わくわくすることを
やったり見たりしていきたいです!

引き続き、コロナ感染予防には気を付けて
元気に過ごしましょう~!!

ではではまた第五弾で♪(v^_^)v
ばいちゃー!!